« 137回目レッスン(11月1日) | トップページ | 138回目レッスン(11月8日) »

2008NHK音楽祭(第2夜)

 11月7日、NHKホールでユーリ・テミルカノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団のコンサートを聴いてきた。演奏曲目は、チャイコフスキー作曲の歌劇「エフゲーニ・オネーギン」よりポロネーズ、ヴァイオリン協奏曲ニ長調、交響曲第5番ホ短調であった。
 チケットの発売と同時に安い席は売れてしまったようで、今回はB席ということで1階のR列に座った。うーん大分普段と違う音でちょっと気落ちした。金管の直接音がうるさいと感じたのである。さて、2曲目はお目当てのソリスト庄司紗矢香さん登場である。前奏がゆっくり目に始まって、出だし、・・・ちょっと驚いた。かなり個性的であるが、お得意の没頭型の演奏は健在で、こちらも次第に惹きこまれていった。第2楽章では指揮者のテミルカノフさんがソリストのために本当に繊細にオケを操っている様がよく分かって庄司さんも大分弾きやすかったのではなかろうか。最後第3楽章は、快速な演奏に心地よさを覚えていた。また、ソビエト映画の中の1曲がアンコールで演奏された。
休憩後、最後は交響曲第5番。席の違いには大分慣れてきたが、目の前が第2ヴァイオリンなので自然と彼らに目がいってしまった。その結果、この曲の第2ヴァイオリンは5ポジ以上を使わないことを発見した。ブラボーの嵐に続いてアンコールはエルガーの「愛の挨拶」。小生もレッスンでやって弾けるので頭の中に楽譜が浮かんでしまった。うーん、大分コンサートの楽しみ方が以前とは異なってきたなあと感じた。

|
|

« 137回目レッスン(11月1日) | トップページ | 138回目レッスン(11月8日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/43042703

この記事へのトラックバック一覧です: 2008NHK音楽祭(第2夜):

« 137回目レッスン(11月1日) | トップページ | 138回目レッスン(11月8日) »