« 139回目レッスン(11月15日) | トップページ | 141回目レッスン(12月6日) »

140回目レッスン(11月29日)

 だいたいヤマというものは外れるようで、自宅でレッスン6のエクササイズ2と3をやっていたのだが今回は1だけであった。どーしてー。レッスン1はA線を押さえながらD線を弾く技術の訓練である。結構難しいので自宅ではほとんどやることは無かったのだが、「しっかり練習しておいてください」とのことであった。
 エチュードはビバルディの四季。メンバーの一人がレッスン前に教室のレンタルルームを借りて練習していたようなのだが、音程が難しいとのこと。全員で弾いてみると、先生は「必ずしも駄目というレベルではありません」といっていた。ただし相変わらず聴く側も楽しめるレベルではないのでデミネンドなどを大分指導された。また更に「ビブラートもしっかり使いましょう」と追加課題もでてしまった。
 最後は久し振りにレパートリー集からラベルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」をやる。先生は「ラベルやフォーレの曲を理解するにはモネやセザンヌの絵を思い浮かべる必要があります」といっていた。うーん、よく分からんが我々もなんだか高度なレベルに入ってきたぞ・・・。

|
|

« 139回目レッスン(11月15日) | トップページ | 141回目レッスン(12月6日) »

コメント

モネやセザンヌの絵とどういう関係が?・・ふーむ高度な内容ですなー。
訳あって私のブログ変わりましたのでよろしくお願いします。

投稿: hendelmama | 2008/12/05 14:32

おやhendelmamaさん、どうしたかと心配しておりました。

随分長い面白いプログだったので残念に思います。引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: shinosan | 2008/12/06 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/43273867

この記事へのトラックバック一覧です: 140回目レッスン(11月29日):

« 139回目レッスン(11月15日) | トップページ | 141回目レッスン(12月6日) »