« 136回目レッスン(10月25日) | トップページ | 第77回日本音楽コンクールピアノ部門本選会 »

第77回日本音楽コンクールバイオリン部門本選会

10月25日、東京オペラシティホールで音コンバイオリン部門の本選を聴いてきた。課題曲はブラームス作曲ヴァイオリン協奏曲である。管弦楽は飯森範親さん指揮の東京交響楽団である。この曲は少し長い前奏があるが、東響の素晴らしい演奏を聴いて、うーん、皆さん「負けないでしっかり弾いて」と心の中で声援を送った。結果を感想とともに紹介する。
第1位 瀧村依里さん(22)=東京芸大4年
大人のプロのソリストと同じレベルの演奏と感じた。芸大での勉強の成果が十分に発揮されたのではなかろうか。
第2位 石上真由子さん(17)=京都・同志社高2年
実力は高いと思うが、結構細かなミスも目だっていて全体としてまとめきれていないように感じた。最後、感極まって泣いてしまったが、拍手は一番大きかった。聴衆賞。
第3位 寺内詩織さん(18)=桐朋学園大1年
昨年の入選者。昨年はすこし大袈裟な感じがしたが、今回は良くまとまっていて安心して聴いていた。純白のロングドレスが素敵であった。
入 選 前田奈緒さん(20)=東京芸大2年
大きなミスが祟ってしまったという感じ、随所にグッとくる部分があって、本来の実力は出ていないと思う。来年に期待。
ブラームスはいかにうまく曲をまとめるかというところが難しいと思うのだが、その点では瀧村さん寺内さんは上手いと感じた。一方、石上さん前田さんは個々の部分は素晴らしいが、それを生かしたままで1曲にまとめられていなかったと思うのだが・・・。

|
|

« 136回目レッスン(10月25日) | トップページ | 第77回日本音楽コンクールピアノ部門本選会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/42908838

この記事へのトラックバック一覧です: 第77回日本音楽コンクールバイオリン部門本選会:

« 136回目レッスン(10月25日) | トップページ | 第77回日本音楽コンクールピアノ部門本選会 »