« 村治奏一さんのコンサート | トップページ | 池田昭子さんのコンサート »

129回目レッスン(8月2日)

 今回のレッスンは、細かい弓のテクニックの伝授となった。先生は「まだ他のクラスでは教えていませんが、そろそろ皆さんは挑戦して、表現力を上げる段階に来ています」と言っていた。うーん、なんだか嬉しくなってきたぞ。基本的には、前回指導されたように肩・腕・手首・指を柔軟に使った上で、指の動きで細かく弓を上下左右に操るという感じである。レッスン5のエクササイズ1~3までで一人一人指導していただいたが、小生はなかなか感覚がつかめなかったので自宅で特訓して習得したいと思う。なにせ、これが出来るとなんといってもカッコいいのである。
 さて、先週の発表会の様子を小生と「少年時代」の2ndバイオリンを担当してくれた女性のご主人がビデオカメラで撮影していたようで、DVDに編集したものを頂いてしまった。早速、自宅に帰って見てみたが、良く撮れていて、演奏内容は報告のとおりとしても、客席から見るとこんな感じかという確認が出来て良い勉強になった。発表会の様子は、初回「ラルゴ」、2回目「カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲」、今回とビデオが存在していて、改めて見てみるとそれなりに小生でも成長しているのが分かる。態度の大きさだけは初回からあまり変わっていないが・・・。

|
|

« 村治奏一さんのコンサート | トップページ | 池田昭子さんのコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/42047968

この記事へのトラックバック一覧です: 129回目レッスン(8月2日):

« 村治奏一さんのコンサート | トップページ | 池田昭子さんのコンサート »