« 4年目の発表会 | トップページ | 129回目レッスン(8月2日) »

村治奏一さんのコンサート

 7月30日、紀尾井ホールで村治奏一さんのクラシックギターコンサートを聴いてきた。演奏曲目は、ソル作曲第7幻想曲、レゴンディ作曲序奏とカプリス、J.S.バッハ作曲シャコンヌ、レゴンディ作曲ノクターン「夢」、アルベニス作曲セビーリャ、バリオス作曲ア・ミ・マドレ&過ぎ去りしトレモロ、アーレン/武満徹編曲オーバー・ザ・レインボー、ジョビン&モライス/ディアンス編曲フェリシダーヂであった。
 村治さんは、既に世界レベルのギタリストである村治佳織さんの弟さん、9年間の海外留学を終えて、これから国内での活動を本格化させる予定で、今日はその最初の大きな演奏会とのことであった。これまで、クラシックギターの演奏をじっくり聴く機会はあまり無かったので、どのようなコンサートになるか楽しみであった。
選曲にもよるのであろうが、クラシックギターは基本的にドライでトロピカルな感じのする音がして、夏の季節には大変心地よい。会場で目を閉じて静かに聴いていると、リゾート地の高級ホテルのプール脇デッキチェアで憩っているような気分になる。演奏が終わって会場を出る頃には仕事の疲れも大分癒されてしまった。

|
|

« 4年目の発表会 | トップページ | 129回目レッスン(8月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/42025738

この記事へのトラックバック一覧です: 村治奏一さんのコンサート:

« 4年目の発表会 | トップページ | 129回目レッスン(8月2日) »