« 9回目ストリングスアンサンブル(7月13日) | トップページ | 4年目の発表会 »

128回目レッスン(7月19日)

 弓の持ち方の指導から入った。6月頃から時々指示されてはいたのだが、「基本的な持ち方を崩して肩・腕・手首・指とすべてに柔軟性を持たせて力を入れないようにして下さい」とのことである。細かい点まではあえて書かないが初心者向け指導とは違うものであった。
 次に、少年時代。こちらは発表会前の最後の仕上げであるが、どうやら先生の思いどおりに仕上がったようで、かなりの上機嫌であった。楽譜には、演奏のポイントとして“二つのバイオリンの音色が溶け合うような音作りを目指してください”と書かれているが、これは完璧に達成したものと思われる。本番の舞台上は、教室とかなり音の聞こえ方が違って、自分の楽器の音が聞こえるようになるので、必ずしも練習どおりにはいかないとのことであるが、それは経験を積むしかないようである。
 さて、エクササイズの2。これはビブラートの訓練曲で、早速ビブラートの試験となった。前回の試験で、基本的には皆さん合格しているのであるが、今回はそれぞれに進歩を見ていただいた。小生は、特に指摘も無かったので順調ということであろうか、良かった。
 レッスン後は、別に練習会場を借りてストリングスアンサンブルとしての発表曲である、アイネ・クライネ・ナハトムジークとジーグの練習会に参加した。こちらは、小生はまだ弾ききれていないところが残っているのでこの3連休中に何とかする予定である。

|
|

« 9回目ストリングスアンサンブル(7月13日) | トップページ | 4年目の発表会 »

コメント

アイネクはやってみたいです
ビブラートの訓練曲ってのがあるんですね
知りませんでした。
今度探してみます。
勉強になりました。

投稿: まくまく | 2008/07/20 21:21

まくまく さんどうも

単にエクササイズとして教本の中に出てくる短い曲です。
一般的な訓練曲があるかどうかは不明です。

投稿: shinosan | 2008/07/20 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/41912340

この記事へのトラックバック一覧です: 128回目レッスン(7月19日):

« 9回目ストリングスアンサンブル(7月13日) | トップページ | 4年目の発表会 »