« 126回目レッスン(7月5日) | トップページ | 森麻季さんのリサイタル »

調布グリーンホールのコンサート

7月6日、調布グリーンホールで広瀬悦子さんのピアノ及び末廣誠さん指揮くすのき室内合奏団のコンサートを聴いてきた。
調布市の主催する市民音楽祭の一環で、前半がチャイコフスキー作曲のピアノ曲集「四季」、後半がヴィヴァルディ作曲のヴァイオリン協奏曲「四季」、と二つの「四季」を聴いてみるというものであった。後半はヴァイオリン独奏山中美知子さん、チェンバロは水永牧子さんであるが、くすのき室内合奏団は昨年募集により結成されたアマチュア楽団とのことである。
広瀬さんのピアノは詩的な感じで、日曜日の午後をのんびり過ごすのに最適なかなり楽しめる演奏であった。くすのき室内合奏団はまだ結成一年目であるが、末廣さんを指揮者に迎えて、まだこれから鍛えられていくのではないだろうか。今年はじめに聴いたモーツァルト・シンフォニー・オーケストラの指揮でもアマチュア合奏団を立派に育成していたので、くすのき室内合奏団の皆さんも楽しみなのだと思う。

|
|

« 126回目レッスン(7月5日) | トップページ | 森麻季さんのリサイタル »

コメント

アイネクは、ドッペル2のつぎに2nDをやろうかとおもっています。

オフ会とかで良く出る曲ですし、1stは重そうだから、

そのときは、また色々教えてください。

コンサートよかったようですね。

投稿: まくまく | 2008/07/07 23:51

まくまくさんどうも

ドッペルコンチェルトは小生にはまだまだです。
アイネクライネ・ナハト・ムジークは意外とノッテ弾けてしまう曲です。”さすがモーツァルト”だと思っています。

投稿: shinosan | 2008/07/08 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/41766735

この記事へのトラックバック一覧です: 調布グリーンホールのコンサート:

« 126回目レッスン(7月5日) | トップページ | 森麻季さんのリサイタル »