« アンネ=ゾフィー・ムター&トロンハイム・ソロイスツのコンサート | トップページ | 8回目ストリングスアンサンブル(6月15日) »

123回目レッスン(6月14日)

 スケールとポジジョン移動のエクササイズの後、発表会の曲「少年時代」をみっちりとやった。この曲はメロディー部分がわかり易くその辺はそれ程難しくないのだが、周りの遊びの部分に結構な罠があって1stポジションだけだというのになかなかすんなりとは弾かせてくれない。当然その罠の部分が上手くいけばグッと良くなるのでいい加減には出来ない。それでも第1バイオリンの方は様になってきていて、今回は第2バイオリンを中心にやった。
第2はかなり難しいリズムも含まれていて、小生は体で覚えてしまわないと歯が立たないかもしれない。まだ1か月以上あるのでなんとかなると思うが、ストリングスアンサンブルの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」もあるので余り暢気には構えていられない。先生は、「パート分けは皆さんで決めてください」と言っていたが、発表会の2週間前にピアノ伴奏との音合わせがあるのでそろそろ決めなければ・・・。

|
|

« アンネ=ゾフィー・ムター&トロンハイム・ソロイスツのコンサート | トップページ | 8回目ストリングスアンサンブル(6月15日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/41540948

この記事へのトラックバック一覧です: 123回目レッスン(6月14日):

« アンネ=ゾフィー・ムター&トロンハイム・ソロイスツのコンサート | トップページ | 8回目ストリングスアンサンブル(6月15日) »