« 6回目ストリングスアンサンブル(4月20日) | トップページ | 与那城敬さんのコンサート »

ブルーノート東京ライブ

 4月20日、表参道にあるブルーノート東京でジャズヴォーカリストのホリー・コールさんのライブを聴いてきた。サックス、フルート、バス・クラリネットはJJジョンソンさん、ピアノはアーロン・デイヴィスさん、ベースはマルク・ロジャースさん、ドラムスはダビデ・ディ・レンゾさんである。歳をとったせいか最近はクラシックばかりでジャズはほとんど聴かなくなってしまったが、バイオリンレッスンの仲間の女性陣3人に連れられて出かけてみた。この店は、演奏が始まる前は食事が出来るようになっていて、値段は少し高い気もするがとても美味しく、開演前に皆でビールとボトルワインを飲みながら本日のお勧め料理に舌鼓を打った。
 ホリー・コールさんはカナダ出身で映画「バクダッドカフェ」に使われたコーリング・ユーが特に有名である。クラシックの声楽家と違い、ちょっと濁った感じのスモーキーヴォイスに味があってこれもまた大変魅力的であった。曲目はメモしなかったがコーリング・ユーを含む彼女のCDからの演奏で1時間あまりのステージに酔いしれた。

|
|

« 6回目ストリングスアンサンブル(4月20日) | トップページ | 与那城敬さんのコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/40954446

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノート東京ライブ:

« 6回目ストリングスアンサンブル(4月20日) | トップページ | 与那城敬さんのコンサート »