« 南紫音さんのコンサート | トップページ | 2回目ストリングスアンサンブル(12月23日) »

108回目レッスン(12月15日)

 今回のレッスンでバイオリンを始めて丸3年過ぎたこととなる。月3回で年間36回、3年間で108回と言う訳であるが、つまり一度もレッスンを休んだことが無いということである。まあ大した自慢にもならないが自分としては達成感がある。
 さて、レッスンであるが、まずはボウイングでいきなり褒められてしまった。全員が前回の先生の指示を良く守って浪々とスケールを弾いていて小生も気持ちが良かった。ただし、アップが少し遅いのであと5cm分速くしましょうとのことであった。次にビブラートの試験である。A線で各指を上がったり下がったりしながらビブラートをかけて先生が順に確認していくのだが、見事にグループ全員が合格となった。「なんとか頑張ってます」や「着実にやってます」から「理想的なかけ方です」など夫々に講評をいただいたが、小生は「一番速くかかっています」とのことであった。良いのか悪いのか分からないが、いずれにせよ小生としては「合格」の二文字が大変嬉しい。これで一応最低レベルの「バイオリンが弾けます」状態にたどり着いたものと思う。
 エクササイズ4の後、最後はエチュードの「G線上のアリア」であるが、来週のミニ発表会で午前のグループの方達と合同で弾くこととなったため、他のメンバーはレッスン前に合同練習をしていた。小生は参加できなかったため、いきなりレッスンで弾くこととなり、他のメンバーに大分乗り遅れた感じとなってしまった。先生は「32分音符を見るとちょっと血圧が上がってしまう様ですね」といって落ち着いて弾く方法を指導してくれた。なんとかこなしたが、音程の合っていないところがいくつか残っているので、そこだけは修正しておかなければならない・・・。

|
|

« 南紫音さんのコンサート | トップページ | 2回目ストリングスアンサンブル(12月23日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/17382367

この記事へのトラックバック一覧です: 108回目レッスン(12月15日):

« 南紫音さんのコンサート | トップページ | 2回目ストリングスアンサンブル(12月23日) »