« 103回目レッスン(11月10日) | トップページ | 104回目レッスン(11月17日) »

二代目バイオリン購入プロジェクト2

 今回買うバイオリンは、小生にとって生涯を共にする楽器とするつもりなのだが、選定に際してどのような点を考慮すべきであろうか。現時点の小生は初代の入門楽器さえも弾きこなせていないのだが、最終的にはアマオケで本物の交響曲の楽譜を弾くというレベルにまで成りたいと夢見ていて、そのような場合でも仲間が所有している楽器と遜色のない性能であって欲しい、と考えるのはやはり自然な要望である。このような観点で自分なりに整理したのが次の三点である。
 一点目、弾きやすいこと。普通の技量の人が弾いて、小さい音でも大きい音でも低音域から高音域までバランスよく音の響く楽器であること。これは楽器である以上極めて重要だと思うので予算の範囲で追求したいが、そうはいっても、なんらかの妥協が必要なのかも知れない。この点は、先生の試奏・助言に全面的に頼らざるを得ない部分である。
 二点目、良い音が出ること。と、とりあえず書いてみたが、良い音の定義が出来ない。バイオリンは奏者の技量に関係なく比べて聴けば素人でも分かる程度に音が違うが、良い音、悪い音とはどういうものか不明である。これまでに多くの演奏会で使用され良い音としての一般的評価が固まってきている名器の音に良く似ている、というのは良い音としての一つの判断ではあるが、そうはいっても、そのような楽器はなかなか無いであろう。一方、通常売られている楽器で悪い音というのもちょっと想像できない。結局、最後に迷った場合は自分の好きな音の方の楽器を選ぶ、という程度のことなのかも知れない。
 三点目、その楽器自体が好きになれること。これは、楽器も物である以上、所有者の物欲を満たすために重要な要素である。誰かに自分の楽器について語る場合にも語るべき何らかの特色が必要ではなかろうか。小生は、元々、手工芸品より優れた工業製品を好む性格なので、その点、大手メーカー製でコンセプトの明確な楽器を選択肢の一つに加えるのは良いかも知れない。
 なお、まだ現有楽器で十分という考えもあるが、バイオリンは使って減るものではないので、一旦、二代目を買うと決めてしまった以上、所要のものが見つかれば出来るだけ早く手に入れた方が長く使用できて得だと考えている。

|
|

« 103回目レッスン(11月10日) | トップページ | 104回目レッスン(11月17日) »

コメント

「生涯を共にする楽器」とは重い決断ですね。
結婚、家を建てる、その次ぐらいに重いんじゃないですか?
Vn45さんの予算からいうと、クルマ買うぐらいの値段ですよね。でも、クルマは「一生乗る」なんて思って買うのは稀なことでしょう。我が家では、クルマも中古車なので、100万円を越える動産はありません。そう思いながらブログを拝読し、誰かが大きな買い物をするときに「付いて来て」といわれて横で見ているような、ドキドキ感を味わっています。
どんな思いでどんな楽器を買われるのか、楽しみにしています。

投稿: おとがく | 2007/11/15 00:31

優れた工業製品。
ピグマリウスの最高級モデルはネットの書き込みで「ストバリウスっぽい音がする」というのがありましたが。私は弾いたこともありません。
私のカールへフナーは値段の割りに低音がよくなるように思います。

投稿: てつ | 2007/11/15 18:57

これはどうも、おとがくさん、うーん、「生涯を共に」というのは大袈裟に書き過ぎたようです。趣味に割ける予算はそれほどなく買い替えをする余裕はないので効率的にやろう、ということです。

投稿: shinosan | 2007/11/15 22:42

てつさん、
基本的に、高級モデルはストラドを目指しているのでしょう。狙い通りに出来ているのであれば多分良い楽器だと私は思いますが・・・。

投稿: shinosan | 2007/11/15 22:48

こんばんわ 
私は遠くの楽器店に何度も行くのがめんどくさいので、一日でさっさと買ってしまいましたが、どうぞ、ああでもない、こうでもないとうんちくを傾けながら悩んでえらんでくださいませ。
読者はその方を期待してると思いますよ~。
バイオリン選びって楽しいですよね。

投稿: hendelmama | 2007/11/15 23:12

ははは、hendelmama さん男ってそんなものです。
そう言わずにどこかでズバッと違う切り口でコメント願います。

投稿: shinosan | 2007/11/15 23:47

こんばんは ご無沙汰してました
いよいよ本当の楽器選びですねえ、じっくり楽しまれた方が良いですよ〜。一つ気になるのが弓の話しが出てこないこと。本体はそこそこの商品で十分なくらいで、どちらかと言えば弓にお金かけた方が上達は早いと思います(書道の筆のようなものしょうか)。目安は弓代が本体の1/2〜1/3ほどです。趣味趣向の問題ですからなんとも言えませんが、ソリストではなく合奏用でしたら高価な楽器であっても誰もわかりませんから。弦に関しても僕の先生はソロこそガット弦だが合奏ならドミナントで充分と言っています。
アマオケでは楽器が幾らなんて話しはしたことがないです、ほとんどが表現に関する運指や弓使いで後は世間話し(笑)。毎回自己ベストを出そうと練習しているのですが難しいものですね。

投稿: kakijy | 2007/11/16 18:42

そうでした。
弓。忘れてました。大事ですよね。惑わすかもしれないですけど、弓のほうが大事かも。

投稿: てつ | 2007/11/16 19:14

おお、kakijyさん、
ソリストなんて全然考えていませんが、うちのマンションにはなんと50席の小さなホールがあって、いずれはそこで発表会が出来ればとは思ってます・・・、ってソリスト志向か。

弓・・・、じつは、今のカーボン弓でいいかと思っています。当時、新しい楽器を買ったらセカンドボウにと思ってカーボンにしたのですが、すごく弾きやすいので・・・、値段も三倍すると100万を超えてしまうし・・・。

投稿: shinosan | 2007/11/16 21:41

私も最初は全然弓のことは考えてなかったです。
けど、いい弓は楽器よりもバイオリンを弾く楽しみがあるとおもいます。
ただ、選ぶのが本当に難しいです。
長い目で楽器にあう物をさがされたほうがいいかな?
まぁ、(いい弓の良さを)知らないなら知らないままでもいいかもしれません(お金と時間がかかるので)。

投稿: てつ | 2007/11/16 23:26

すみません、はっきり書かなかったのでお二人とも誤解されたようです。

私の場合、弓については、最初からかなりこだわっていて、既にアマチュアには十分過ぎるものを手に入れて堪能しています。
カーボン素材ですがとても良い弓で、これに替わるものを探すとなると楽器の値段を超えてしまうので、今回は楽器だけに絞って話しを進めます。

投稿: shinosan | 2007/11/17 04:37

おおーー。
そうでしたか、失礼いたしました(笑)。
いい弓をおもちでしたのですね。カーボンですか、カーボンは未知の領域です。今度、機会があったら試してみます。

投稿: てつ | 2007/11/17 09:06

じつは、kakijyさんのコメントにある「そこそこの楽器」というのが、難しいと思っています。「正に人夫々」となると話が終わってしまいます。
アマオケの皆さんも、入門セットをそのまま使い続けてはいないと思うので、結局自分がどういう考えで今の楽器を選んで納得や妥協をして使っているのかという点があるはずです。
その辺がアマチュアの楽器選びのポイントではないかなと整理してみたのですが・・・。

投稿: shinosan | 2007/11/18 19:45

確かに「そこそこの楽器」の定義は曖昧ですね。アマオケでは子供の頃初めて買ってもらったフルサイズや、学生時代に買ったのを使い続けてる方多いですよ。ニスの剥がれや傷が歴戦の勇姿のようで味わいになっています。皆ちゃんと一様にバイオリンの音色がしますヨ。ちゃんと調整されているのであれば、あとは音楽に対する考え方や練習量で音色は決まってきますし技術を磨くしかありません。楽器のせいより自分の問題になってきます。でも楽器選びは楽しいものです、高価だから好みの音とは限らないし、音色に差がないなら軽いとか、木目が気にいってるかどうか、しっくりくるかとか佇まいで決めてよいのではないでしょうか。

投稿: kakijy | 2007/11/19 01:00

必ずしも買い替えているわけではなく、むしろ入門用をそのまま使い続けているということですね、うーん・・・。

楽器も物ですから、価格として考慮すべきなのは、材質と製造工数、技術だと思います。ご指摘のとおり性能と音は試奏して判断するもので、材質、技術が影響するとは思いますが、価格とは初めから切り離して考えています。
新品ということにはこだわりますが、見た目とかはさすがに二代目についてはあまり気にしていません。

ということで、考えは一致したようです。大分考えの整理の参考となりました。ありがとうございます。

音楽に対する考え方について等は、現状のレベルこそ差がある
ものの小生もご指摘のとおりだと考えています。

投稿: shinosan | 2007/11/19 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/17076297

この記事へのトラックバック一覧です: 二代目バイオリン購入プロジェクト2:

« 103回目レッスン(11月10日) | トップページ | 104回目レッスン(11月17日) »