« 101回目レッスン(10月20日) | トップページ | ストリングスアンサンブル体験レッスン »

第76回日本音楽コンクールピアノ部門本選会

 10月20日に東京オペラシティコンサートホールで音コンのピアノ部門本選を聴いてきた。課題はあらかじめ示されたピアノコンチェルトの中から選曲して演奏するもので、第3予選を通過した4人の方が出場した。管弦楽は梅田俊明さん指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団であった。結果を感想とともに紹介したい。
第1位 佐藤彦大さん(19歳、東京音大2年)
ラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲2番を選曲、実は最初に登場したため彼の演奏を聴くことは出来なかった。バイオリン教室を終えてから会場へ向かったため間に合わなかったのである。うーむ、残念。
第2位 米津真浩さん(21歳、東京音大4年)
ラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲2番を選曲、やっぱりこの曲は聴衆の受けもよいということであろうか、小生ものって聴いていた。岩谷賞(聴衆賞)は彼が受賞した。
第3位 伊藤 伸さん(21歳、桐朋学園大3年)
モーツァルト作曲ピアノ協奏曲20番を選曲、彼は74回でも本選出場しているが、その時はチケットが売り切れで彼の演奏は聴けなかった。ただ第3予選は聴いていて結構楽しい感じの演奏であったという印象がある。今回も同様の印象でモーツァルト選曲は正解だと感じた。
入 選 川崎翔子さん(24歳、東京芸大大学院2年)
ラフマニノフ作曲のパガニーニの主題による狂詩曲を選曲、昨年も女性の方が選曲したが結果は入選だった。ちょっと曲が難しいのかもしれないなと感じた。
実は、小生の席は最悪でピアノの音があまり良く聞こえない位置であった。右側の2階席でパイプオルガンの横なのだが、その代わり弦楽が素晴らしくよく響いていてその点は楽しめた。

|
|

« 101回目レッスン(10月20日) | トップページ | ストリングスアンサンブル体験レッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/16832696

この記事へのトラックバック一覧です: 第76回日本音楽コンクールピアノ部門本選会:

« 101回目レッスン(10月20日) | トップページ | ストリングスアンサンブル体験レッスン »