« 横坂源さんのコンサート | トップページ | 98回目レッスン(9月22日) »

スイートベイジル139ライブ

 9月19日に六本木のSTB139で、古川展生さん(vc)、塩入俊哉さん(pf)、竹下欣伸さん(b)、遠山哲朗さん(g)によるライブを聴いてきた。曲目はメモしなかったが塩入さんの作品を中心にしたものであった。
 古川さんのトークでは、普段は都響やソロ、アンサンブルによるクラシックがメインの活動であるが、時々気の会う仲間と行うこの様なセッションはとても楽しい息抜きの機会であるとのこと。うーん、クラシックは息抜きにはならないのかと若干気になったが、他の演奏家の方達も同じなのであろうか・・・。
 さて、演奏であるが、前半はしっとり系、後半は熱い曲で構成されていたが、前半の最後はモンティのチャルダッシュ、後半の最初はカッチーニのアヴェ・マリアという正反対の感じの曲でつないでいた。アヴェ・マリアは現代の都会の雰囲気にマッチしているとのコメントであったが、素晴らしいチェロの響きに聴き入ってしまった。その後は、ブエノスアイレスの夏、冬、春、秋の順で演奏し、まあ組曲という感じであろうか。今回のようなセッションでなければまず聴くことは出来ないのでかなり得した気分であった。

|
|

« 横坂源さんのコンサート | トップページ | 98回目レッスン(9月22日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/16514695

この記事へのトラックバック一覧です: スイートベイジル139ライブ:

« 横坂源さんのコンサート | トップページ | 98回目レッスン(9月22日) »