« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2007 | トップページ | 86回目レッスン(5月19日) »

85回目レッスン(5月12日)

 まずは教室に入るとバイオリンが展示してあった。50~200万円クラスのものでレッスン中に自由に試奏してもよいとのこと。早速小生は自分の楽器を横に置いてまずは一番高い195万円のものに手を伸ばした。先生も他のメンバーも楽しそうに取り替えては弾いていたが、その中でユルゲンクリア製の2台がとても評判が良かった。一台は50万円代、もう一台は小生が最初に手にした195万円のものである。小生もバイオリンを始めて3年目に入ったが、このまま生涯の楽しみにしたいと思っているので、そろそろ初心者用の楽器を卒業しようかと考えていたところではあるのだが、さてどうしたものか・・・。
 レッスンの方は、レッスン10のエクササイズ1と2をやった後、発表会の曲シューベルトのアヴェ・マリアである。前回で一応符読みは終えていたが、さらに弾きやすくするためにスラーの位置を変更した。そして、今回の発表会では必須ともいえるピプラートの指示。うーん、実はここで小生は「あら、ずいぶん上手くなりましたね」と先生に褒められてしまったのであった。その場では平静を装っていたのだが、本当は天にも昇るほど嬉しかった。とはいえ、まだピプラートをかけることだけを意識していると上手くいくという状態で、曲の中で自由にかけられるわけではない。よーし、益々頑張るぞっと・・・。

|
|

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2007 | トップページ | 86回目レッスン(5月19日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/15044327

この記事へのトラックバック一覧です: 85回目レッスン(5月12日):

« ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2007 | トップページ | 86回目レッスン(5月19日) »