« アンサンブルクッキング(2年目) | トップページ | 70回目レッスン(12月2日) »

69回目レッスン(11月25日)

 今日は、教室内でバイオリンとチェロの展示会が開催されていて、例によってレッスン前にバイオリンの無料診断をしてもらった。前回6月の時に受けられなかったので心配していたが、診断結果は特に異常ないとのことで安心した。以前から気になっていた駒の高さであるが、技師の方に聞いてみると、特に高いということも無く平均的な高さになっていますとのことであった。先週のアンサンブルクッキングの際に会場の片隅に展示してあった、小生の愛器と同じメーカーの最高級モデル(\945k)を試奏してみたとき、ずいぶんと駒が低く感じたのでこれはやっぱり少し削ってもらった方が良いかな、と思っていたのであるが・・・。
 ところで、小生の楽器の診断中に、テールピースの一部が割れて引きちぎれてしまったバイオリンが持ち込まれた。我々の前のグループの女性の方の楽器で、真っ青な顔で「直りますか」と聞いていたが、技師の方から「テールピースごと交換すればよく、部品代は4300円です」とのことで安心していた。しかし、木製のテールピースが割れて引きちぎられるような力をバイオリンに加えたら、ひょっとしてほかの部分にも影響があったのではなかろうか・・・。
 レッスンの方はレッスン7に入って、こちらも引き続きポジション移動が繰り返されるエクササイズなどをやった後、前回もやったサンサーンスの「白鳥」を弾いた。特に最初の方の正に白鳥が優雅に泳ぐ様な感じの部分での弓の使い方を重点に指導していただいたが、自宅へ戻って練習していて、うーん、ひょっとして小生もビブラートがなんとかかけられるようになったかもしれないぞ・・・。

|
|

« アンサンブルクッキング(2年目) | トップページ | 70回目レッスン(12月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/12828571

この記事へのトラックバック一覧です: 69回目レッスン(11月25日):

« アンサンブルクッキング(2年目) | トップページ | 70回目レッスン(12月2日) »