« 49回目レッスン(5月13日) | トップページ | 51回目レッスン(5月27日) »

50回目レッスン(5月20日)

 今回で、ちょうど50回というきりの良い数字でレッスンを受けたことになる。一回が1時間で何回か遅刻はあったものの欠席は一度も無いのでほぼ50時間のレッスン、三回の発表会と教室外での練習会にも四回ほど参加した。自宅での練習時間は週に3~4時間というところである。現在は、3rdポジションまでが自由に使えるようにと頑張っているところで、耳に覚えのある曲は初見の楽譜でもなんとかメロディーが再現できるという感じである。音程は、まだちょっとソロで弾くのは無理という感じかもしれない。
 小生の場合、特段の目的や目標があってレッスンを受けているわけではなく、今を楽しむということと、バイオリンがこれからの人生の楽しみの一つに加わればというところであるが、今のところ完全にハマッてしまっていて既に生活の一部になっており、将来はアマオケかアマチュアサークルに参加しようなどと現実に考えるようになっているので、まあ目的には沿っていることになる。他の皆さんはどうであろうか・・・。
 レッスンの方では、ポジション移動のエクササイズとハーモニクスという技術を習った後、レパートリー集の中から「パリの空の下」という曲をやった。うーん、ポジション移動の練習の後に1stだけの曲をやると何故か楽しいのは不思議である・・・。

|
|

« 49回目レッスン(5月13日) | トップページ | 51回目レッスン(5月27日) »

コメント

こんにちは
僕も昔始めたころ、あるベテランの方に言われました
大人になってからだと子供の2〜3倍練習してやっとついていける・・・と
子供の吸収力にはかないませんねえ
とくに暗譜が(笑)

でも人生経験ありますから
感情表現では負けないと思いますよ〜

毎日触っていれば必ず上達しますので
大丈夫です


投稿: kakijy | 2006/05/26 13:04

うちの先生は、「大人は子供と違って最初の2・3年は面白いように上達します。間違いが理解できるので上達が早いのです。」と言っておりました。

ひょっとしたらあるレベルまで行くとグッとのびるのかも知れませんね。その辺までたどり着くのが大変なのでしょうが。やっはり継続が力ですね。

どこかのブログで、始めて5年でアマオケをバックにメンコンを弾いた人がいるという記事をよみましたが・・・。サラリーマンではなかったと思いますが。

投稿: shinosan | 2006/05/26 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/10156487

この記事へのトラックバック一覧です: 50回目レッスン(5月20日):

« 49回目レッスン(5月13日) | トップページ | 51回目レッスン(5月27日) »