« アンサンブルフェスティバル2006 | トップページ | ニコラ・ベネデッティさんのリサイタル »

スイートベイジル139ライブ

4月25日に六本木にあるスイートベイジル139で広田智之(ob)さん、漆原啓子(vn)さん、古川 展生(vc)さん、早川りさこ(hp)さん、黒田亜樹(pf)さんのライブを聴いてきた。じつは、小生の通うバイオリンレッスンのグループ仲間であるピッチが最近古川さんに入れ込んでいて是非皆で聴きに行きましょうということで仲間4人で一緒に行くこととなったものである。曲目はメモしなかったがスクリーンミュージックとクラシックが主体であった。
ホスト役は広田さんが務めていてやわらかいオーボエの音に酔ったが、他にも早川さんのハープも見事でハープそのものをライブハウスのような場所で聴くことも滅多にないので大変楽しめた。古川さんは登場とともにその存在感に驚いたが演奏を聴いていてさらにその人気を裏付ける実力を理解した。また、黒田さんはイタリアとの往復生活だそうであるがアレンジも担当されていたようで素晴らしい才能の持ち主である。そして、やはり圧巻だったのは、漆原さんのヴァイオリンで「タイスの瞑想」と「ツィガーヌ」は演奏後に会場全体がどよめくような感じでブラボーが出ていた。ちなみに使用した楽器はストラディヴァリウスだそうである。
久しぶりに六本木に足を運んだがだいぶ様子が変わっていて、自分でも年をとったなと感じてしまった。

|
|

« アンサンブルフェスティバル2006 | トップページ | ニコラ・ベネデッティさんのリサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/9766978

この記事へのトラックバック一覧です: スイートベイジル139ライブ:

« アンサンブルフェスティバル2006 | トップページ | ニコラ・ベネデッティさんのリサイタル »