« 37回目レッスン(1月7日) | トップページ | イツァーク・パールマンさんのコンサート »

ロシア文化フェスティバル2006 in Japan オープニング・ガラ・コンサート

 1月10日に東京オペラシティコンサートホールでワレリー・ゲルギエフ指揮:マリンスキー歌劇場管弦楽団のコンサートを聴いてきた。演奏曲目はチャイコフスキー作曲のピアノ協奏曲第1番変ロ短調より第1楽章、プロコフィエフ作曲のヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調、ラフマニノフ作曲の交響曲第2番ホ短調であった。
 1曲目のチャイコフスキーは第1楽章だけの演奏で変かなと思ったが、聴いてみると意外と十分だなと思った。ピアノ独奏は上原彩子さんであるが、今日のコンサートのソリストは二人ともチャイコフスキーコンクールで第1位になった日本人の方を起用したようである。上原さんは小柄な体格にもかかわらずスケールの大きな演奏でさすがという感じであった。
 2曲目のヴァイオリン独奏は諏訪内晶子さんであった。彼女の演奏を聴くと緻密という言葉をイメージするが、今日は更に気迫を感じる集中力の高い演奏であったと思う。高音域が多用された曲で、渇きが癒されるような状況を感じさせる部分があり病みつきになりそうな気がした。プロコフィエフは2番の方が聴きやすいので好きであったが、1番も一気に好きになってしまった。
 3曲目のラフマニノフであるが、1曲目のチャイコフスキー冒頭部の数小節を聴いた時点で、このオケの鳥肌の立つような凄さを理解してしまっていたため、演奏が始まると、ああ、やっぱり凄いねという感じになってしまった。ここまで凄い演奏だと、交響曲特有の最後の盛り上がりが逆に陳腐に感じてしまう。第3楽章で静かに終わっても十分な一曲になるなと思った。
 帰りに、プログラムにあった諏訪内さんの英文プロフィールを読んでいると、2006年もヨーロッパからアメリカ、オーストラリア、アジアでの演奏予定があるようで、本当に世界レベルの人だなあと思った。

|
|

« 37回目レッスン(1月7日) | トップページ | イツァーク・パールマンさんのコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/8110735

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア文化フェスティバル2006 in Japan オープニング・ガラ・コンサート:

« 37回目レッスン(1月7日) | トップページ | イツァーク・パールマンさんのコンサート »