« 39回目レッスン(1月21日) | トップページ | 葉加瀬太郎 VIOLIN SUMMIT 2006 »

ランチタイムコンサートOBガラ、ハッピー・バースデー・モーツァルト

 1月27日にトッパンホールで「ハッピー・バースデー・モーツァルト」と題されたオールモーツァルトプログラムのコンサートを聴いてきた。この日はちょうどW.A.モーツァルトの250回目の誕生日になるとのことで、各地でも似たような催しがあったようである。演奏曲目は、ピアノソナタ第15番ハ長調、ホルンと弦楽四重奏のためのロマンス変イ長調(J.M.ハイドン編)、アダージョとフーガハ短調、ディヴェルティメントニ長調、ヴァイオリンソナタ第25番ト長調、2台のピアノのためのフーガハ短調、交響曲第1番変ホ長調の7曲であった。
 出演者は、このホールで開催されているランチタイムコンサートにこれまでに出演された方を中心に構成されていて、ヴァイオリンが島田真千子/白井圭/菅沼ゆづき/瀬崎明日香/長原幸太、ヴィオラが鈴木康浩/須田祥子、チェロが門脇大樹/辻本怜、コントラバスが西山真二、ホルンが阿部麿/木川博史、オーボエが荒絵里子/大島弥州夫、ピアノが岸本雅美/佐藤卓史/鈴木慎崇/津田裕也の皆さんであった。全員ではないが小生も何人かの方を聴きに行ったのでなんとなくまた会えてうれしいという気がした。プログラムの経歴を見させていただいたが、日本音楽コンクールで過去に1位になった方や海外の有名コンクール入賞者など有望な若手の方ばかりでなかなか豪華な顔ぶれであった。
 演奏は、出演者自身が楽しんでいるという感じで、客席側もなにか自然に顔に笑みが浮かんでしまうような、そんな印象でとても楽しいものであった。アンコールでディヴェルティメントのK138第3楽章を弾いた後、出演者と客席全員で「ハッピー・バースデー・ツー・ユー」を演奏付きで歌って終演となった。

|
|

« 39回目レッスン(1月21日) | トップページ | 葉加瀬太郎 VIOLIN SUMMIT 2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/8380090

この記事へのトラックバック一覧です: ランチタイムコンサートOBガラ、ハッピー・バースデー・モーツァルト:

« 39回目レッスン(1月21日) | トップページ | 葉加瀬太郎 VIOLIN SUMMIT 2006 »