« 諏訪内晶子J.Sバッハ・プロジェクト2005 | トップページ | 第九&忘年会 »

36回目レッスン(12月17日)

 今回のレッスンでちょうどバイオリンを習い始めてから1年となった。そして、当教室の教本1を修了した。修了証のようなものはなかったが、先生にお願いして記念のサインを日付と共に教本の裏側にしていただいた。で、大体どんなレベルかというと、イ、ニ、ト長調及びイ短調の左指が1stポジションだけの曲なら、初見でも簡単な曲はなんとかメロディーが再現できるというところか。音程はまだまだで、発表会で他の方の演奏などを見ていると、とりあえず聴ける程度になるには3年はかかるようである。やはり、バイオリンは他の楽器に比べて難しいという気はするが、バンドを組むとかの明確な目標がなければ、徐々に弾けるようになっていくことがとても楽しく優雅な気分にさせてくれるので、流行のスローライフにも通じるような気がする。
 さて、最後のレッスンは、レッスン10を駆け足で終わらせるという感じであった。エクササイズをサッとやった後、レパートリー集の「私のお気に入り」であるが、ピッチカートの出てくるなかなかかっこいい曲で本当はもう少しじっくりやりたいところであった。そのあとは、教本1の最後のエチュードである。とくに難しいという感じではないのだが、1時間のレッスン中に2曲の新曲はさすがにちょっときつい。実態としてはほとんど弾けなかったが、先生はこの曲はそれほど重視していないようであった。しばらくレッスンは休みなので例の宿題が大量に出るのかとビクビクしたが特に出されなかったので、「私のお気に入り」とエチュードを自宅で十分にさらっておけばよいということであろう。
 レッスン後、我々の次の時間のグループの方たちと忘年会ということになったが、どうやら来年四月のアンサンプル・フェスティバルで同じ曲を弾く仲間になるとのことで、来年は結構バイオリン仲間が増えそうである。

|
|

« 諏訪内晶子J.Sバッハ・プロジェクト2005 | トップページ | 第九&忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/7679693

この記事へのトラックバック一覧です: 36回目レッスン(12月17日):

« 諏訪内晶子J.Sバッハ・プロジェクト2005 | トップページ | 第九&忘年会 »