« クレール=マリ・ルゲさんのコンサート | トップページ | 33回目レッスン(11月26日) »

バイオリン展示会

通っている教室でバイオリン・チェロの展示会があったので自分のバイオリンを持って見に行ってきた。まずは教室のバイオリン講師による1回目ミニコンサートを聴く。終演後、6月の展示会でも頼んだ専門の技師による無料の楽器診断を受けた。本体・弓ともに問題なしとのことで安心する。ケースの中に乾燥剤を入れていたのだが、これからの季節は空気が乾燥してくるので不要とのこと。むしろ、湿度が40%をきるようであれば表面のニスが割れてくる場合もあるので乾燥対策が必要とのことであった。また、弓の毛が均等に張られていないと棹が変形するのでそのような時は毛の調整が必要とのことであった。
さて、検討中の二本目の弓のことで、教室の方で用意してもらっていたカーボン弓を試奏してみた。倉庫として使っていた教室を借りて全部で十数本について、目下特訓中の「カノン」を自分のバイオリンで弾いたのだが・・・。まず手に持った印象は「軽いな」というところか、重量的には平均的な設定となっているはずなので今の弓に比べてということだが・・・、バランスの関係もあると感じた。弦への吸い付きについては、形状としては設計どうりに作られているはずなので、反発力をどう設定するかということか・・・、また、こちらもバランスに関係するなと感じた。小生はフィッシングもするので、これまでに多くのカーボンロッドを使用した経験があるが、加工精度もかなり重要ではなかろうか、良い竿はブレが少ないので長時間キャストしていても疲れないのであるが・・・、バイオリンではそこまでの経験がないのでわからなかった。結局1時間程弾いていたが、とてもバランスが良く弾きやすいなというのが一本出て来た。値札をみると399,000円とある・・・、うーん。
2回目のミニコンサートを聴いていると、同じレッスングループのお京ちゃんがやってきた。弓を見に来たとのことで、途中で展示室の方へ向かった。コンサートの方はチェロの講師の方も加わり結構楽しいものとなって終演。最後に、弦を1セット購入して帰宅した。お京ちゃんは展示室で真剣な顔をして試奏していたので声をかけなかったがさてどうなったか・・・。

|
|

« クレール=マリ・ルゲさんのコンサート | トップページ | 33回目レッスン(11月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/7225117

この記事へのトラックバック一覧です: バイオリン展示会:

« クレール=マリ・ルゲさんのコンサート | トップページ | 33回目レッスン(11月26日) »