« サントリー音楽財団サマーフェスティバル2005/MUSIC TODAY21 20世紀のウィーン<管弦楽> | トップページ | 第74回日本音楽コンクールピアノ部門第3予選 »

24回目レッスン(9月3日)

 何か待ち遠しい感じでイソイソと教室へ向かった。4週間の夏休みは子供と違ってやはり大人には長い気がする。宿題の方はそこそこやったつもりではあったので先生に聴いてもらおうという気持ちがでてきて、こちらは逆に子供と同じというところか・・・。いわゆる稽古事の特徴かもしれない。
 さて、まずはエチュード「魔笛より」を弾くことになるが、そこそこやったつもりでも、やはり教室でいざという感じでやると、練習の半分も出来ないものである。もう少しまともに弾けると思っていたが、ちょっとがっかりした。2曲目の宿題はレッスン6のエチュードであるが、こちらは多少あまく見ていたところもあり、肝心なところがメタメタ状態となってしまい大分へこんだ。それでも先生は「皆さん思ったよりも出来ていて優秀な生徒さんです」といっていたが、とりあえずこれでレッスンは秋の陣へと進むことになりそうである。とはいえ、小生としては夏の陣でやったバッハの「メヌエットNo.1」、ヘンデルの「ラルゴ」、モーツァルトの「魔笛より」の3曲はいずれにせよこれからも常に弾いていて機会があれば教室のミニ発表会でもやりたいなと思っている。
 秋の陣では、アンサンブルクッキングの課題曲をかなり取り入れてもらえそうである。我々のグループは「エデンの東」「クリスマスメドレー」「カノン」が課題曲となるが、「カノン」がこれまでには習っていない技術が出てくるけっこうな難曲のようである。例の技術レベルの階段をよじ登ることとなるのであろうが上るどころか落ちて怪我などしたりしないように気をつけよう・・・。

|
|

« サントリー音楽財団サマーフェスティバル2005/MUSIC TODAY21 20世紀のウィーン<管弦楽> | トップページ | 第74回日本音楽コンクールピアノ部門第3予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/5782897

この記事へのトラックバック一覧です: 24回目レッスン(9月3日):

« サントリー音楽財団サマーフェスティバル2005/MUSIC TODAY21 20世紀のウィーン<管弦楽> | トップページ | 第74回日本音楽コンクールピアノ部門第3予選 »