« 22回目レッスン(7月30日) | トップページ | 23回目レッスン(8月6日) »

ホールでのバイオリン発表会

 7月31日、ついにバイオリンを持って四谷にある小さなホールの舞台に立ってしまった。10人のメンバー及び先生と一緒ではあるが、今年の1月にレッスンを始めてから良くぞここまできたなと思うと大きな充実感がある。先生には毎度のことであろうが、生徒にとっては初めての発表会ほど感慨深いものはない。あらためて先生には感謝したい。
 バイオリンケースを持って自宅の前からタクシーを拾う。行き先を「四谷区民ホール」と告げると運転手さんに「これから演奏会ですか」と聞かれたので、「ええ、まあ」と応答する。うーむ、どうやら音楽家と見られているようで大変いい気分になった。その気分をそのまま会場に持ち込むと、楽屋とかリハーサル室とかの張り紙があるではないか。益々気分は音楽家になってきて本番まで大分リラックスできた。
さて、前の演奏が終わっていよいよ出番である。ステージ上に皆で並ぶのだが、客席が暗くなっているのでかなり落ち着ける。舞台が明るくなって発表曲であるヘンデル作曲「ラルゴ」が始まってもまだまだ平気で、体全体で曲のテンポを確認する。担当するパート1は曲の途中から始まるので出だしの少し前にゆっくりとバイオリンを構えた。出だし・・・、うまくいった。これならいけそうな気がしてくる。うん?、いかんいかん。気の緩みが原因であろうか、右腕の震えとまではいかないが、時々音が震えだす。隣のピッチとお京ちゃんは結構しっかり弾いている。結果、なんとか持ちこたえた。最後は先生の弓に合わせてゆっくり弓を止めて、楽器を下ろす、お辞儀。よーし、無事終わったー。
発表会後は、同じパートを担当した先輩の方がセットしてくれた打ち上げ会場へ先生と一緒に行く。前回のミニ発表会のときは少し苦いビールであったが、今回は最高の味であった。
皆さんお疲れ様でした。

|
|

« 22回目レッスン(7月30日) | トップページ | 23回目レッスン(8月6日) »

コメント

ほんとうにお疲れ様でした。楽しかったですね~。そしてホール、綺麗でしたね。こんなに美しいところでホールデビューできるとは・・・。それこそ夢にも思いませんでした。

投稿: 常夏 | 2005/08/01 19:36

>>常夏さん

パート1の心強いサポート本当にありがとうございました。
また、打ち上げ会の幹事もご苦労様でした。大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。

投稿: shinosan | 2005/08/01 22:29

皆さん、お疲れ様でした。
大勢で弾くと楽しいですねー。
これからも「チーム勤勉」スピリットで
練習に励みましょう!

投稿: 京 | 2005/08/01 23:47

みなさん、お疲れ様でした。
みなさんと演奏できて、とっても楽しかったです♪
>京さん
そうですね。
これからも、私達チームのテーマである
「ファイティング・スピリッツ」でいきましょう!!

投稿: ピッチカート♪ | 2005/08/02 14:31

>お京ちゃん&ピッチ

なんのこっちゃ。
とりあえず次は、アンサンブルクッキングですかね・・・。

それにしても、Windowsが不安定で困る。


投稿: shinosan | 2005/08/03 13:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/5260784

この記事へのトラックバック一覧です: ホールでのバイオリン発表会:

« 22回目レッスン(7月30日) | トップページ | 23回目レッスン(8月6日) »