« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

サントリー音楽財団サマーフェスティバル2005/MUSIC TODAY21 20世紀のウィーン<管弦楽>

8月30日にサントリーホールで高関健指揮:東京都交響楽団(合唱:東京混声合唱団)の20世紀のウィーンと題されたコンサートを聴いてきた。演奏曲目は、シェーンベルク作曲の弦楽のための「ワルツ」(日本初演)、ウェーベルン作曲のカンタータ第2番~ソプラノ、バス、混声合唱とオーケストラのための~、眼の光~混声合唱とオーケストラのための~、リスト原曲/ウェーベルン編曲の労働者の合唱(日本初演)、クシェネック作曲の交響的悲歌、ベルク作曲のヴァイオリン協奏曲であった。
今回のコンサートは出かける前にかなりの覚悟を決めていた。なにしろ、シェーンベルクやウェーベルンの作品である、本当に楽しめるかどうかは自信がなかった。ところが、1曲目はなんてことのない耳に優しいメローディーである。拍子抜けした気分で楽しんだが、全体で10数分間の組曲なのに10個に分かれて構成されていて、各曲ともなんとなく乗り切れないうちに終わってしまう感じであった。2曲目と3曲目は出たーという感じの12音技法現代曲である。ソプラノは森川栄子さん、バスは加賀清孝さんであるが、特に加賀さんの張りのあるバスは素晴らしいと感じた。4曲目はバスと混声合唱(合唱指揮:大谷研二)が指揮者より前の舞台前面に並んで、始まる前からこれは盛り上がるぞと予感できる労働賛歌である。演奏後、案の定ブラボーの嵐に巻き込まれたが、ちょっとヤバイ集会に参加してしまったような気分にさせる曲であった。
休憩後のクシェネックは1曲目と同じ弦楽パートだけのオーケストラによる演奏であるが、この辺の曲なら普通の曲という感じで、1曲目では少し荒いかなと感じたストリングスも大分のってきて十分楽しむことができた。そして、最後はもう大好きな曲の一つであるベルクのバイオリン協奏曲で、ソリストは若手有望株の神尾真由子さんが務めた。この曲は途中でソロがバックに溶け込んでしまう部分があるが、その後に浮き上がってくるソロバイオリンの幻想的な美しさを見事に表現していたように思う。ソリストの使用楽器は1727年製のストラディヴァリウスであった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

23回目レッスン(8月6日)

 猛暑だからということでもないが、今月のレッスンは今回の1回だけで後は9月まで夏休みとなった。予想していたように、先生はいつものような涼しい顔をして大量の宿題を出したあと、「9月にまた会いましょうね」と言ってニコニコしている。うーむ、それにしても量が多すぎるのではないか、なんだか学生時代に戻った気分である。
 レッスンの方であるが、先生が以前「バイオリンの技術は階段状に上達します」といっていたので、発表会などのイベントを乗り越えながら小生も段々と上達してきているのであろうが、レッスン5のエチュード「魔笛」とレッスン6のエチュードは今までに比べて弓の方も結構難しいところがあり苦労する。先生から「難しいところはまず音名で言えるようにしましょう、音名で言えないうちはプロでも弾けません」とのことであるが、この辺は大分サボっていたところなので耳が痛かった。
 さて、我々のグループ4人は全員揃って11月末に開催されるアンサンブルクッキングというセミナーイベントに参加することになった。課題曲を当日までに仕上げて大勢(約80人)で合奏するものらしいが、クリスマスメロディーなども含まれているので、季節的にも弾けるようになると楽しいのではなかろうか。9月からのレッスンの中でも取り上げてもらえるとのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホールでのバイオリン発表会

 7月31日、ついにバイオリンを持って四谷にある小さなホールの舞台に立ってしまった。10人のメンバー及び先生と一緒ではあるが、今年の1月にレッスンを始めてから良くぞここまできたなと思うと大きな充実感がある。先生には毎度のことであろうが、生徒にとっては初めての発表会ほど感慨深いものはない。あらためて先生には感謝したい。
 バイオリンケースを持って自宅の前からタクシーを拾う。行き先を「四谷区民ホール」と告げると運転手さんに「これから演奏会ですか」と聞かれたので、「ええ、まあ」と応答する。うーむ、どうやら音楽家と見られているようで大変いい気分になった。その気分をそのまま会場に持ち込むと、楽屋とかリハーサル室とかの張り紙があるではないか。益々気分は音楽家になってきて本番まで大分リラックスできた。
さて、前の演奏が終わっていよいよ出番である。ステージ上に皆で並ぶのだが、客席が暗くなっているのでかなり落ち着ける。舞台が明るくなって発表曲であるヘンデル作曲「ラルゴ」が始まってもまだまだ平気で、体全体で曲のテンポを確認する。担当するパート1は曲の途中から始まるので出だしの少し前にゆっくりとバイオリンを構えた。出だし・・・、うまくいった。これならいけそうな気がしてくる。うん?、いかんいかん。気の緩みが原因であろうか、右腕の震えとまではいかないが、時々音が震えだす。隣のピッチとお京ちゃんは結構しっかり弾いている。結果、なんとか持ちこたえた。最後は先生の弓に合わせてゆっくり弓を止めて、楽器を下ろす、お辞儀。よーし、無事終わったー。
発表会後は、同じパートを担当した先輩の方がセットしてくれた打ち上げ会場へ先生と一緒に行く。前回のミニ発表会のときは少し苦いビールであったが、今回は最高の味であった。
皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »