« エレーヌ・グリモーさんのコンサート | トップページ | 21回目レッスン(7月16日) »

20回目レッスン(7月9日)

 レッスン前に必ず先生は全員のバイオリンをチューニングしてくれる。小生は、次のレッスンまで自分で弦をいじることは基本的にないのだが、先生のチューニングの後に弾いてみると少し音が高くなっているのが分かるので、一週間で結構音がずれてくるようである。先生に「E線が錆びてきていますから発表会前までに換えたほうがいいですよ」と言われたので換えようと思うが、6カ月も使用するとなんとなく愛着が湧いてしまう。元は十分取れたのでこれから儲けようと思っていたところであったが・・・。また、弓の毛は最低でも一年に一度は換えたほうが良いとのことであった。
 レッスンは、まずは、16分音符のつながったやつとの格闘から始まった。エクササイズを3曲やるのであるが、初めのうち少し苦戦したものの小生も含めて全員思いの外うまく出来たようで、先生もびっくりしていた。そのままエチュード「魔笛」へ突入かとも思われたが、楽しみは次回へと延ばされた。発表会の「ラルゴ」は前回よりも更に上達していて、先生も何とか目途がついたように思ったのか、ホッとしていたようである。
 さて、レッスン後に女性陣から発表会の衣装についての話題が出た。ミニ発表会のときになかなか素敵な衣装で登場した女性もいたので触発されたのかもしれない。小生は、普段の練習時と同じ格好で出ようと思っていたのだが、そう話すとあえなく却下されてしまった。衣装合わせも含めて合同の練習会をやった方が良いかもしれないな・・・。

|
|

« エレーヌ・グリモーさんのコンサート | トップページ | 21回目レッスン(7月16日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/4908809

この記事へのトラックバック一覧です: 20回目レッスン(7月9日):

« エレーヌ・グリモーさんのコンサート | トップページ | 21回目レッスン(7月16日) »