« 19回目レッスン(7月2日) | トップページ | 20回目レッスン(7月9日) »

エレーヌ・グリモーさんのコンサート

7月5日にサントリーホールでエレーヌ・グリモーさんのピアノ・リサイタルを聴いてきた。演奏曲目はショパン作曲の舟唄嬰ヘ長調、子守唄変ニ長調、ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調「葬送」、ラフマニノフ作曲のピアノ・ソナタ第2番変ロ短調である。
2月の来日が中止になってがっかりした方も多いと思うが、今回は驚異的スケジュールで日本を駆け抜けるコンサートツアーで、プログラムを見るとこの日のサントリーホールが最終公演のようであった。彼女の演奏を聴いて感じたのは、「優雅」「かっこいい」「美しい」「切れる」などというところであるが、彼女の容姿から受ける印象と演奏内容が一致していてまったく違和感がないのは凄い。スターという感じであった。
最初の2曲は「優雅」さを感じさせてくれ、まずは彼女の世界に引き込まれてしまった。3曲目では、特に例の陰鬱なメロディーと天国のような美しいメロディーの交錯が見事に表現されていて素晴らしい演奏であった。休憩後のラフマニノフはまさに「かっこいい」という感じで堪能したが、演奏が終わったのが8時半過ぎ。ずいぶん早いがどうするのかなと思ったら、なんと「これでもか」というほどアンコールに応じてくれて、なるほどと納得するとともに満足した。

|
|

« 19回目レッスン(7月2日) | トップページ | 20回目レッスン(7月9日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/4851206

この記事へのトラックバック一覧です: エレーヌ・グリモーさんのコンサート:

» 7/5:エレーヌ・グリモー サントリー・ホール [「(エレクトリック)クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」の習得記録と音楽雑談]
さて、ぎりぎりで知って慌ててゲットしたエレーヌ・グリモーのリサイタルへ行ってきました。 なにしろ、メチャクチャ後ろの席なのでオペラグラスがないと上下黒でキメてるグリモーが、蟻のようにしか見えません。オペラグラスでみると、なんとCDのジャケットと瓜二つの... [続きを読む]

受信: 2005/07/06 20:18

« 19回目レッスン(7月2日) | トップページ | 20回目レッスン(7月9日) »