« 21回目レッスン(7月16日) | トップページ | ホールでのバイオリン発表会 »

22回目レッスン(7月30日)

 今回から待望?のモーツァルトの「魔笛」に入った。この曲は指にも弓にも沢山の技術が詰まった練習のしがいがあるバイオリンのエチュードということで、先生は「私(の教室)ならこの曲だけで一年間みっちり教えます」と言っていた。今回は、大人のレッスンということで教本1の中の一曲として16分音符の弾き方をとりあえず経験するというレベルらしい。これから何回かのレッスンを受けることになるのであろうが、そういうことであればこれから常に練習しておくことにしようと考えた。指番号を記入してまずはゆっくりやるのであるが、これは大変な難曲であることがすぐに分かった。「次回までにゆっくり弾けるようにしておいてください」といっていたが、そりぁちょっと無理というものです。
 レッスン後に明日に迫った発表会の合同練習をしていただいた。パート1には我々のグループ3人に我々より5ヵ月先輩の方が1人加わってくれたので大変心強い。ヤバそうになったら多少サボっても大丈夫かもしれないなどと不謹慎なことを考えてしまった。パート2は他のグループ6名でパート3を先生が1人で担当していただけるようである。全体的な注意点としては、「ステージ上は走らない、ステージ上での試し弾きは控える、演奏が終わったらバラバラと楽器を下ろさない、最後はお辞儀をする」といったところでまあ小学生と大して変わらないが、言われないと出来ない恐れもあるのでその辺はやはり助かる。お京ちゃんなどは、「もうバイオリンの音が震えてきた」などといっていたがどうなることか・・・さて、出撃である。

|
|

« 21回目レッスン(7月16日) | トップページ | ホールでのバイオリン発表会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/5241433

この記事へのトラックバック一覧です: 22回目レッスン(7月30日):

« 21回目レッスン(7月16日) | トップページ | ホールでのバイオリン発表会 »