« マリンスキー歌劇場フィルハーモニー管弦楽団のコンサート | トップページ | 19回目レッスン(7月2日) »

18回目レッスン(6月25日)

今回のレッスンでバイオリンを始めてちょうど半年を経過した。3カ月で「喜びの歌」が弾けるようになって、その後、ミニ発表会も経てレパートリーは4曲、バッハの「メヌエットNo.1」もそろそろなんとかなりそうである。小生の入っているグループは、全員楽譜も読めない状態から出発して未だに誰もレッスンを欠席したことが無いので、結構モデル的な進度なのではないかと思っている。
さて、7月の発表会では我々のグループはヘンデルの「ラルゴ」パート1を担当することとなった。残念ながら若い彼は参加できないようなので3名となってしまうが、ひょっとしたら先生が助けてくれるかもしれない・・・。今回はだいぶ跳んでレッスン6のエクササイズをやった。先生の最近考えたアイデアで先にやった方が良いとのこと。ラッキーである。
レッスン後に参加メンバー3人でレンタルルームを借りて練習したが、まだまだという感じである。先生は「参加者全体での練習はしませんが、本番前に一回ぐらいは合わせることができると思います」とのことで、まあ、それもプロっぽくて良いということになった。
レッスンとは全然関係ないのだが、11月のヴィクトリア・ムローヴァ来日公演が中止になったのはショックである。一番のお気に入りバイオリニストで今年後半の最大の楽しみだったのだが、がっかり・・・。

|
|

« マリンスキー歌劇場フィルハーモニー管弦楽団のコンサート | トップページ | 19回目レッスン(7月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/4731211

この記事へのトラックバック一覧です: 18回目レッスン(6月25日):

« マリンスキー歌劇場フィルハーモニー管弦楽団のコンサート | トップページ | 19回目レッスン(7月2日) »