« フランクフルト放送交響楽団のコンサート | トップページ | 5回目レッスン(2月19日) »

自宅練習

今週はバイオリンのレッスンが休みだったのでちょっと寂しい感じがするが、なにか自分でできることはないかと、いろいろと調べてみると楽譜入力ソフトというのが出てきた。先人の皆さんのホームページでも同じようなものを使用している方が居るようなので、早速ダウンロードしてみた。マウスを使って画面上の5線紙に音符を置いていけば良く、再生ボタンを押すと様々な楽器の音色で再生してくれる。
 教本の中から、先ずは今月中には弾くことになるのではないかと思われるエチュード(ベートーベン作曲「よろこびの歌」)を入力し再生してみたが、これがなかなかよい。曲全体のイメージは有名な曲なのでさすがに分かるとしても、細かいところの各音符の音の長さなどは再生音を聞きながら音符を追えるので理解しやすい。残りのエクササイズ曲も入力してしまったが、小生のような入門レベルでは音符を見ただけではどのような音だったか思い出せないので、知らない曲については曲全体のイメージをつかむのにもとても便利である。そういえば、テレビ番組でソプラノの森麻季さんが「楽譜を見ると音が頭の中で鳴ります」と話していたのを思い出したが、どのくらいのレベルからそうなるのかちょっと先生に聞いてみよう。
入力途中で教本のスラーについての説明も読んでとりあえず理解したことから、これまでに習ったわずかの技術でもこのエチュードは弾けそうなので挑戦してみた。ただ一つあるD線のミの音にひょっとしたら工夫があるかもしれないが、それ以外は特に疑問に思うところも無い。有名な曲なので練習していても格段に楽しくあっという間に時間が過ぎてしまった。実際の弾き方は先生に教えてもらうとしても、ずいぶんと指の練習にはなったのではなかろうか・・・。

|
|

« フランクフルト放送交響楽団のコンサート | トップページ | 5回目レッスン(2月19日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78274/2907498

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅練習:

« フランクフルト放送交響楽団のコンサート | トップページ | 5回目レッスン(2月19日) »