2019/03/18

73回目探鳥会(3月17日)

 3月17日に日本野鳥の会東京の主催する明治神宮に参加してきた。朝方の空気は冷たいが気温の上りも早く段々と温かい探鳥会となってきている。
 鳥合わせで報告された野鳥は20種類であったが、小生が実際に確認したのは、オオタカ、ノスリ、ヤマガラ、シジュウカラ、カワラヒワ、シメ、アオジ、エナガ、スズメ、ウグイス、メジロ、ハクセキレイ、コゲラ、ヒヨドリ、キジバト、カワウ、ハシブトカラス、ハシボソカラスの18種類であった。
 冬鳥の種類は大分減ってきている、シメとアオジも来月は無理であろう。オオタカが巣の中で鳴いているこえを大分聞くことができた。カラスもハンガーやら木の枝を組んであちらこちらで巣作りをしている。また、シジユウカラが苔を咥えていてこちらも巣作りの真っ最中である。
今回参加した探鳥会の様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

72回目探鳥会(3月10日)

 3月10日に日本野鳥の会東京の主催する多磨霊園探鳥会に参加してきた。先週の日曜日が雨で各探鳥会が中止になったこともあり、かなり大勢の方が参加されていた。
 鳥合わせで報告された野鳥は21種類であったが、小生が実際に観察したのはオオタカ、ツミ、ジョウビタキ、ヤマガラ、シジュウカラ、カワラヒワ、エナガ、ウグイス、メジロ、シメ、コゲラ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、シロハラ、キジバト、ホウセイインコ、ハシボソカラス、ハシブトカラスの19種類であった。
 集合場所へ自家用車で到着するやいなやウグイスの囀りが聞こえてきた。小生は今年初であったが、地鳴きしている個体もまだまだ多いようである。冬の鳥も今月で北へ帰るのでジョウビタキは今シーズンの見納めになると思われる。

今回参加した探鳥会の様子
http://kyoei-tokyo.hatenablog.com/entry/2019/03/12/094720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

493回目レッスン(3月9日)

 大分早いが9月の発表会の曲の楽譜が配られた。ブラームスのハンガリー舞曲第5番である。教室のレパートリー集に収められているものは既に弾いたのだが、今回のは2台のバイオリンとピアノのための編曲でかなり難しいバージョンである。小生は多分ファーストを弾くことになるものと考えられる。四十肩が痛いこともあり相当苦労するのではないか・・・、うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

492回目レッスン(3月2日)

 今日はレッスン中に急に胸が苦しくなって途中でレッスンを止めることとなってしまった。実は10年近く前から時々症状が出ていて最近は治まっていたのだが、教室内の冷房の冷気が直に吹き付けられて心臓がびっくりしたのではないかと思う。いわゆる心筋梗塞であると思われるが、しばらく安静にすると戻るので騙しながら付き合っている。メンバーの大学病院の先生は循環器系の病院で診てもらった方が良いとのことで、まあ、考えておこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/02

129回目ストリングスアンサンブル(2月24日)

 今回は少し遅刻をして会場にはいったが、後ろの方に照明の明るい場所が見つかったので問題ない。暗いと楽譜が見えなくなるのでこの点は毎回気をつかう。
エルガー3楽章の譜読みは最後まで終えたが、後半で第1楽章のフレーズが戻ってくるので面白い。マダムの見学者が一人いたので次回からはまたバイオリンが増員となると思われる。ビオラが1名しかいないのだが、うーん、これはどこでも同じ人手不足ということである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«491回目レッスン(2月23日)